キャンプサイトをもう少し明るくするためにランタンがもう一つほしい!




秋田では後1ヶ月ほどでキャンプシーズンです!!
そろそろ準備を始めようかなと思っているのですが、去年から気になっていたサイトの夜の暗さをどうにかしたいなと思っていて、今使っているコールマンと同じ物を購入しようかなと思っています!

今使っているランタン

現状外で使用しているランタンはリビング用に「Coleman 2500 ノーススター(R)LPガスランタン」、テーブル用に「Coleman ルミエールランタン」の2つです。

燃料は「LPガス」を使用しています。巷では「OD缶」と呼ばれていたりしますね。

LPガスのメリット・デメリット

メリット

  • 取扱がホワイトガソリンと比べ簡単
  • ガスボンベの部分にカバーをかけるなどしてオリジナリティが出せる
  • ガソリンランタンと比べてイニシャルコストが安い
  • LPガス対応の製品が多いため燃料の共通化が可能

デメリット

  • 高地や寒冷地などでは火力や着火が不安定になりがち
  • ガスボンベのランニングコストが高め

僕の考えた最強のランタン設置場所

一口にランタンといってもいろいろな種類・明るさがあり全部を説明することは出来ないのですがリビング周りで僕が使用していて思うここには明かりが欲しいなと思う置き場所をご紹介します!

キッチン周り

彼女とのキャンプでも、みんなでいくグループキャンプでもだいたい僕がキッチンに立って料理をしているのですが、普通に包丁使ったり串に刺したりと細かい作業があるのでキッチン周りには1つ明るめのランタンが欲しいところです。キッチンテーブルは料理にフルに使いたいので僕はランタンポールにランタンをぶら下げて使用しています。ここをベースの灯りとして考え、他のランタンの設置場所を考えています。

キッチンの対角線

キッチンに1つランタンを置くとランタン – 僕 – リビングという位置関係になってしまう事が多い(レイアウトがいつも大体決まっています)ので、ランタン – 僕 – リビング – ランタンという位置関係になるのが理想です。こうすることでサイト全体が明るくなるかなと思います。

リビングのテーブルの上

僕はここにルミエールランタンを置いています。明るすぎるとご飯を食べる時に眩しいので、ほんのり明るいくらいの灯りがおすすめです。

購入予定のランタン

以上を踏まえて、今回は燃料の共通化も出来て、使い慣れている点から「Coleman 2500 ノーススター(R)LPガスランタン」を購入しようかなと思います。

うちのサイトの小物たちが赤系の物増えてきてるので今回は赤いキャップのほう買おうかな!と。今使ってるやつもそのうち緑から赤のキャップだけ購入して付け替えたいなーとも思ってます!







この記事をシェアしてみよう!


スニーカーとファッションのブログもはじめました!
Campsiteよりも詳しく紹介していたりするのでよければ見てください!


ABOUTこの記事をかいた人

秋田でWebディレクターをしています!東京での3年間働いて秋田に帰ってきました! キャンプをはじめたのが2015年なのでまだまだ初心者ですが、気になったギア、アウトドア情報、訪れたキャンプ場のレビューなどを書いていきたいと思います!